ワークショップ

  • Day:2014.01.26 19:55
  • Cat:日常
C&Sのワークショップに行ってきました。
参加したのは、八田靖恵先生の「冬にも持ちたいかごバッグ」

P1020996_convert_20140126193452.jpg

八田靖恵先生のワークショップは2回目ですが、人見知りな私はやっぱりちょっと緊張でした~。

ワークショップの内容は、リネンの布に先生が用意して下さった型でステンシルし、裏布と縫い合わせて蓋作り、毛糸でタッセルと作るというもの。

__+(4)_convert_20140126193358.jpg

こんな感じで自由にステンシルしていきます。
前のワークショップでも思いましたが、単純な模様が配置を変えるだけで個性が出るんですよねぇ。
簡単にテキスタイルが作れてしまう感覚でとても楽しいです。
ただ、インクを揃えたりとなるとハードルが高くなってしまうので、ワークショップで入門出来るのはありがたいです。

__+(3)_convert_20140126193334.jpg

ずらりと完成品勢揃い~~。
洋服に合わせてタッセルの色を変えたりしても楽しいな~と思います。


__+(2)_convert_20140126193310.jpg

最後はお茶の時間。
皆さん、手作りのお洋服を着てこられていたり、刺激がいっぱいでした。
ミナ ペルホネン好きの方が多かったな~。



スポンサーサイト

スモックワンピース

12月より手をつけていたワンピースが出来あがりました。
見た目は、シンプルそのものなのに思っていたより難しかったです。

P1020965_convert_20140119152456.jpg
パターン: 茅木真知子「ワンピース」より S.floral dress にポケットをプラス(着丈は100㎝に伸ばしてます)
布   : C&S オリジナルフレンチフランネル マスタード

見た目、衿ぐりと袖口にゴムが入ったごくごくシンプルなスモックワンピースなんですが、衿ぐりのゴムが強敵でした!!
衿ぐりは4㎝幅のゴムで、あらかじめ台形にカットしたものを衿ぐりに沿うように輪に縫い合わせておき、縫い代でくるみながら縫っていきます。ゴムを縫ってしまわないように避けながら。
本当は袖口のゴムも4㎝幅を使用するはずでしたが、途中試着してみると意外と袖が短かったので、3㎝幅のゴムに変更してます。幅広のゴムがポイントなので、すごく迷いましたが、袖の長さをとりました。

P1020983_convert_20140119152534.jpg

めずらしく、裏布もつけました。
このワンピース、布が約3mも必要だった為、裏布はポリエステルで節約。
あと、このデザインは本によると太いゴムを使うことによってモードっぽい雰囲気を出すことがポイントとの事ですが、マスタード色を選んだことによってなんか幼稚園のスモックみたい、、、、。
うーん、選ぶ色を間違えたか、、、。

形は着てみると、見た目よりもすっきりとした感じになり、なかなか可愛い形でした。


先日作ったコートにも合いそうですが、
今回はダウンで。

P1020991_convert_20140119152606.jpg

昨年作ったこのダウン→
とってもお役立ちです!!
おそらく、こちらと一緒かな?と思うので、無地でも作りたいぐらいです。
出来れば、襟にボリュームのあるタイプとか出ないかなーとか思いながら、来年に期待しよーっと。



フラットカラーのコート

更新が滞ってしまい、年明け初めてもこんな時期に、、、。
まだ、言っていいものか疑問はありますが、言ってしまいます。
明けましておめでとうございます。今年も、不定期な更新になるとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします!!

さて、年明け後、少しづつ縫い進めていたコートがやっと出来あがりました。
ウールのコートは初めてです。

P1020954_convert_20140112145253.jpg
パターン :金子ユリさんのおしゃれノート より 「フラットカラーのコート」
布(表) :C&S 2010年の新着 ウールツイルカラフルネップ オフ&グレー
布(裏) :C&S コットンシャンブレー セージグリーン
ボタン  :フランスのボタン バッファロー(34mm)

P1020949_convert_20140112145231.jpg


ネットで注文した布の納品書は、置いておいたり捨ててしまったり一貫出来ていないのですが、今回のはすべて残っていました。
布は約5年前に注文していてびっくり!!!
ソーイングを始めて、1年目か2年目ぐらいの頃で何を思って注文したのか、、、、。
その頃も届いて、びっくりしたような気がします。あまりの布のボリュームに。
厚みがあり、私に縫えるか不安でずーっと放置していましたが、とにかく場所をとるし、このまま放置しても無くなるものでもないので意を決して手をつけました。

不安は的中し、裏襟を控えたつもりでしたが控えが足りず、きちんと落ち着きません。

P1020938_convert_20140112145050.jpg

しかも、裁断後にいろいろと布を触ってしまったせいか布が伸びてしまい、表と裏布を縫い合わせると裏布のきせがなくなってしまいました。本当になんとか縫い合わせれたといった感じです。
裾に関しては左右身頃の長さが2センチぐらいずれてしまい(片方だけ伸びた模様)適当にあわせて長い方を切ってしまいました。アハハハー(泣き笑い)

P1020943_convert_20140112145212.jpg

P1020940_convert_20140112145124.jpg

前見頃には、切り替えがあるデザインです。
襟や、切り替えには押さえミシンが指示されていましたが、布の雰囲気と、間違えてもこの布では解くことは出来ないだろうという消極的理由から、刺繍糸で手縫いしました。

P1020942_convert_20140112145144.jpg

ボタンが大きすぎて、押さえにセット出来ず、ボタンホールも手縫い。もちろん初めて、、、。
もう、このあたりではどうでもいいから出来あがってくれという心理状況。

やっと出来あがり、着てみると、なんか大きい、、、。
そりゃそうだ布が伸びてるんだから!!!
肩幅を測ってみると、パターンより片側で1センチ大きくなっていました。トホホホ。

いろいろと失敗続きてしたが、形は好きです。
そして、とても暖かいです。(唯一の救い)
このパターン用にと購入しておいたとっておきのリネンウールがまだあるので、もしかしたら再チャレンジするかも、、、、。


一応ですが、コーデです。

P1020957_convert_20140112145349.jpg






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。