キルティングジャケット

キルティングジャケットを作りました。


P1020863_convert_20131026192831.jpg

P1020867_convert_20131026192905.jpg

パターン : 「ソーイングの日々」のキルティングジャケット
布    :  リバティ Alice Victoria C&Sオリジナル色(赤、ブルー系)
ボタン  :  ロットボタン アンティークゴールド
縁取り  :  メートライン 黒

P1020879_convert_20131026193010.jpg

マリンテイストな色付けが気に入って購入した布ですが、メートラインを何色にするか迷いました。
メートラインはいつも何色にするか結構迷います。今回は、黒に。グッと引き締まった感じになりました。

そして実はこちら、ボタン付けを残し、9月初旬に出来あがってました。(ライナーは面倒で省略)
その頃はまだまだ暑く、当然着ることは出来ないので、大嫌いなボタン付け(ロットボタン)は放置。
しかし、本日、もう着ても大丈夫なぐらい気温が下がり、こちらを着て出かけたくなり急いでつけました。

急ぐとろくな事はありません、、。
手を負傷。

P1020858_convert_20131026192757.jpg

痛かった~~~~~!!!

キルティングコートやベストは、ブログを始める前にも作ったことがあるので、ロットボタン付けが結構大変で、苦手な事は分かってました、、、。
時間に余裕がある時にしないといけませんね。

こちらのジャケット、後ろベンツがあるおかげで、手作り感が薄いように感じます!!!
もちろんパンツにも合うでしょうが、シルエットがすっきりとしているのとショート丈でスカートにも合います。
フードじゃなくて丸襟なところも気に入りました。


ではでは、コーデ

P1020877_convert_20131026192934.jpg

スカートは、以前作ったやさしいリネンのギャザースカートです。

スポンサーサイト

ボタンホール考

半分私信です。


黒様、我が家のお安い家庭用ミシンのボタンホールでございまーす!


P1020837_convert_20131019081901.jpg
ボタンホール用の押さえ

P1020838_convert_20131019081920.jpg
ボタンをセットします。
このボタンは2.5㎝。
改めて何センチまでのボタンが設置できるか測ってみました。2.7㎝ぐらいまでしか入りませんでした、、、。
えーーーー!!知らなかった、、、、。3センチ以上あるボタン持ってるよ、、。

P1020846_convert_20131019081943.jpg

P1020848_convert_20131019082014.jpg

ミシンにセット。縫い目は細かい方がステッチが密になっていい感じです。
この状態でフットコントローラーを踏んだら、ボタンホールの出来あがり。

P1020851_convert_20131019082036.jpg

どういう原理か分かりませんが、とにかくボタンの丁度いいサイズのボタンホールの出来あがり。
ボタンの厚みが極端に厚いとボタンが通らないという事があるかもですが、いまのところそういう事はありませーん。

P1020853_convert_20131019082100.jpg





前ボタンのスカート

ずーーーっと作りたかった前ボタンのスカートを作りました。
なぜ、そんなに手を付けなかったのかといいますと、まず作りたいイメージはあるものの、パターンが見つからなず、既成のパターンを自分でアレンジしても上手くいくか分からないし、、、と、ウダウダ。
それが、なんだか急にやる気UP!特にきっかけはなし!

P1020819_convert_20131019081248.jpg
パターン: 「金子ユリさんのおしゃれノート」から 「断然スカートが好き」をアレンジ
布   :  C&Sチノクロス ゴールドブラウン
布   :  2012秋冬リバティ Viola 
ボタン :  直径2㎝(金属)

金子ユリさんのおしゃれノートのタックスカートは、過去に2度ほど丈を変えて作った事があり形はとても気に入っていたのでベースはこちらに決定。(過去の1枚は、こちら→
変更したのは、前開きにすること、ベルト部分を作ること、丈、脇ポケットです。

P1020829_convert_20131019081748.jpg

P1020820_convert_20131019081544.jpg

P1020824_convert_20131019081630.jpg


アレンジ個所
①前たての部分(こういう呼び名でいいのか分かりませんが)は3センチ幅。前たては合わせの上になる方は表に出したかったので、スカートとは別に裁断。
下は裏になって大丈夫なので、本来はリバティに切り替える必要はなかったのですが、布が足りず、渋々切り替え。面倒でしたが結果的にポケットとつながりが出てよかったかな。
②ウエストベルト部分を作る。スカートのパターンをウエストから3センチほどカット。裏の見返しが6センチ幅だったのも3センチに変更。その分をベルト部分に。
③丈は膝下丈。
④脇ポケットを追加。
⑤本来は、裏地つきなんですが、省略。

自分で書いてても、どう書けばいいか分からず、分かりにくい、、、、。

なかなか気に入ったものにはなりました。

しかし、前たて部分を表に出した結果、裾始末がどうやれば良いのか分からなくなり、三つ折り。
ここは、次回作る時に改善したいなー。
P1020826_convert_20131019081706.jpg

ステッチはグダグダ。
ここを縫った時、針が折れました。ぎゃっ!

今回の一番の満足は、コスパ!
C&Sチノクロス ゴールドブラウンは前回、コートを縫った時の残り。(150センチ幅で、約1m残ってました)コートはこちら→
リバティは、ワンピースを作った残り。ワンピースはこちら→
という事で、残り布の処理も兼ねれてうれしい!!!
ちなみにボタンは1個150円×6個です。


ではでは、恒例のコーデ。
私にはめずらしく、大人風?

P1020833_convert_20131019081827.jpg

ストールはウールです。
寒い時はマフラーのように巻きつけたりととっても便利で気に入っています。



mion 「Haori」

初めてmionさんのパターンで作りました。
しかも、初めてなのに布帛用のパターンをニットで。

P1020801_convert_20131006184730.jpg
パターン: mion「Haori」(丈を2センチ伸ばしました)
布   : C&S フレンチパイル 杢グレー

ニットを縫うのはこれで2着目。
端始末をどうすれば良いのか分かりませんでしたが、伸びてしまわないように前端、裾、袖口にニット用の伸び止めテープを張り、2つ折りにしました。
フレンチパイルは伸縮性の少ない布との事なので、そこまでしくていいのかなー。
とにかく、びろびろ~とならず一安心。

ただ、布帛用パターンをニットで縫ったせいだと思いますが、想像していたより大きかったです。
これは布帛でも縫ってみねば。
薄いリネンやコットンでつくれば夏のはおり物にもなる便利なパターンだと思います。
今からだとウールでつくれば、かなり暖かなものにもなるし。


P1020803_convert_20131006184843.jpg
型を落として着るとこんな感じ、って分かりにくいですよね。
着用画なしだし、トルソーは持ってないし、甚だ不親切ですいません。
この状態だと、おしりがほとんど隠れます。(わたくし、167センチの大女でございます)



P1020805_convert_20131006184908.jpg
上にコートを着る時期には、肩を上にあげれば大丈夫かも。


P1020808_convert_20131006184936.jpg
後ろ。

前身頃が背中の途中まで繋がっているという、ちょっと変わったパターンでした。


そして、今回初めて使ったフレンチパイル。
噂どおり、すっごく柔らかくって肌触り最高です!!


地味ですが、コーデです。

P1020811_convert_20131006185050.jpg
スカートは既製品です。
コーデを考えていて、私に今必要なものは、はおり物ではなくてシャツやカットソーだったなー。
教訓、季節に合わせて作りましょうー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。